IKEAのSTOCKHOLMシリーズを花瓶に使う5つのポイント

6月 9, 2017

IKEAのSTOCKHOLM シリーズには、グリーンの色も鮮やかなガラス製の花瓶があります。丸いフォルムがとても暖かみがあり、花を飾らなくてもオブジェとしても最高です。横長の丸型上から見て丸っこいものと、縦長で中央が少し膨らんだ2つの形があります。口が小さいので、一本の花をさりげなく飾るのに適しています。

STOCKHOLMのステンレススチールのボウルは、花がらのパーツをつなげたような形でとても美しいです。お値段2,999円とさすがIKEAという感じです。ステンレスの重みに加えて滑り止めもあって安定感もあり、置く場所を傷付けません。水を張ることは難しいのですが、小さな鉢植えや押し花、ドライフラワーなどが似合います。

STOCKHOLMのカラフェは高さ30cm1リットル入りのクリアガラスです。こちらもIKEA価格の税込み1,499円。職人による吹きガラスで、持ち手部分に切り込み模様が施されているため、滑りにくく美しいデザインです。背の高い花をざっとまとめて入れても上手く収まってくれて花瓶として優秀。水揚げをして花の背が低くなてきたら、背の低いグラスなどを花瓶にして移し替えて長く楽しめます。

STOCKHOLMの深皿は、25cmも大きさがあり、その特徴は大きな縁と縁のレリーフ模様。パンやクラッカーを載せて食べるようにと書かれててIIKEAらしいですけど日本の風習にはあってない。高品質の磁器は薄くてきめ細やかで、二つで2,699円とは思えません。これが深皿部分に茎を浸し、花を縁に持たれかけて見ると花瓶にピッタリ。白い色が花の美しさを引き立てます。

0 00www.ikea.com

STOCKHOLMのキャンドルホルダーは高さがあって、高い位置から光を楽しめる商品です。この高さを上手く花瓶として使います。もともとキャンドルいう重さのあるものを支え、かつ邪魔にならないように設計されているので、花瓶に最適です。水を入れるのはためらわれますので、IKEAにある収納器具でサイズの合うものををセットして、そこに花を飾りましょう。

Comments are closed.

About Us

Ut non nulla mi, eget imperdiet sem. Nam lacus ligula, venenatis vel aliquet eu, venenatis congue magna. Sed rutrum faucibus semper.

Recent Comments